インドネシア
スマトラ マンデリン
ナチュラル
ワイニー・プロセス
ワハナ・グラハ・マクムール農園

indonesia sumatera mandheling natural

良質な産地であるトバ湖周辺のマンデリン

indonesia sumatera mandheling natural東南アジア南部に位置するインドネシアは、5110kmと東西に非常に長く、また世界最多の島々を抱える国です。マンデリンとは、インドネシアのスマトラ島で生産されるアラビカ種のコーヒーです。スマトラ島北部にあるカルデラ湖のトバ湖は、過去200万年の間で地球最大の噴火が起こった跡と言われています。そのトバ湖の西側にワハナ・グラハ・マクムール農園はあります。火山がもたらした良い豊かな土壌は軽石を多く含み、年間を通して一定の湿度を維持しています。標高1200~1300mの高地にあるため昼夜の寒暖の差が大きく、コーヒーの樹は種子であるコーヒーの豆を守ろうと実が栄養をたくさん蓄えます。栄養をしっかり蓄えたコーヒーの実はコーヒー豆に栄養をたくさん与え、最高品質のコーヒー豆を育てます。

これまでにない新しいマンデリンがつくりたい

「これまでにない新しいマンデリンがつくりたい」という夢が、ワハナ・グラハ・マクムール農園として形になりました。北スマトラ州メダンから南に位置するダイリ県シディカラン。ここに非常に先進的なコーヒー生産の取り組みが実践されるワハナ・グラハ・マクムール農園があります。この農園では、460haという広大な敷地の中でコーヒーや野菜などが生産されています。その敷地内にあるコーヒー精製処理施設には、世界レベルの新鋭マシンが随所に導入されており、インドネシア国内においても類をみないほど非常に高い水準にあるといえます。2006年にワハナ・グラハ・マクムール農園を設立し、プロジェクト始動しました。原生林を開墾し、電力や道路などのインフラ整備を経て、100haほどの広さからコーヒー栽培が始まりました。

ワイニー・プロセス

indonesia sumatera mandheling natural2008年の秋に敷地内に完成した精製処理施設は、プレミアム・マンデリンに特化した農園としての性格を明確に打ち出した内容となっています。手作業を中心とするこの地域の生産者たちは良質のコーヒーを作るために何が重要かを経験的に身体で覚えています。それは、例えば、手摘み収穫による良質原料(完熟果実)集荷であり、例えば、最終仕上げにおける丁寧な手選別です。伝統的な手作業と最新設備とを組み合わせることで、ナチュラル・ワイニー・プロセスによる新しいマンデリン作りを目指しました。初期乾燥を天日乾燥で、続いて最新鋭のドライ・マシンによる追い乾燥を行うということで、安定した品質を得ることができました。試行錯誤によって培った独自の乾燥ノウハウにより、ナチュラル・ワイニー・プロセスによる独特の風味と甘味を持った新しいマンデリンを作りあげるに至りました。更に、脱殻工程では、ナチュラル・ワイニー・プロセス専用の脱殻機にこだわり精製を仕上げています。収穫されたコーヒーチェリーを、そのまま乾燥させる方法がナチュラル製法です。そのナチュラル製法に独自のノウハウにより特殊な乾燥を施すワイニー・プロセスを組み合わせることで、コーヒーチェリーの果肉の甘味がコーヒー豆の味に影響を与え、ドライフルーツや赤ワインのような甘い香りが特徴的なコーヒーに仕上げています。

テイスティング ノート

トロピカルフルーツや果実酒のような甘い香り、華やかなスパイスのような個性的なアロマ、しっかりとした苦味とコク、飲み進めていくうちに濃厚な甘味が口に広がります。苦味と甘味をあわせ持った驚きのコーヒーです。

甘味 ★★★★★★★★
コク ★★★★★★★★
まろやかさ ★★★★★
香り ★★★★★★★★
酸味  - 
苦味 ★★★★★★★★

★印8段階、オススメ焙煎での評価です。

コーヒー豆 データ

農園名 ワハナ・グラハ・マクムール農園
責任者 マリア・ゴレティ
エリア スマトラ島 シディカラン
品種 ラスーナ
プロセス ナチュラル・ワイニー・プロセス
標高 1200~1300m
オススメ焙煎 深煎り