ブルンジ
ドゥコレレ
ブルボン
ウォッシュド

burundi dukorere bourbon washed

スペシャルティコーヒーの新鋭ブルンジ

burundi dukorere bourbon washed中部アフリカの内陸に位置するブルンジ共和国は、ルワンダ、コンゴ、タンザニアと国境を接する日本の北海道の3分の1程の小さな国です。16世紀に誕生したブルンジ王国は、19世紀末にドイツによって植民地化され、第一次世界大戦後にベルギーの手に渡り、1962年にベルギーから独立しました。1993年には内戦が勃発し、長く政治的に不安定な状態が続きましたが、2010年に民主制に移行し平和を取り戻しつつあります。しかし、国連の発表によると、人々の生活の質や発展度合いを示す人間開発指数は、世界187カ国のうち178位(2013年)で、世界の最貧国のひとつです。ブルンジにコーヒーが伝わったのは1933年で、ベルギーの宣教師がレユニオン島から持ち込んだブルボン種が最初だと言われています。ブルンジのコーヒー生産量は、世界の生産量の0.3%にすぎませんが、国民の86%は農業に従事し、コーヒーは総輸出の72%を占めています。2012年にはブルンジでもコーヒー品評会(Cup of Excellence)が開催され、コーヒー新興国の道を歩み始めています。

アフリカンベッドによる丁寧なコーヒー作り

ドゥコレレ生産者組合は、300人の組合員によって運営されています。同じ地区に住む800人の生産者がコーヒーチェリーを組合に持ち込み、近くに流れる二本の川から水を引き込んだ組合のウォッシングステーションで精製を行っています。精製中に使用された水は浄化槽で綺麗に浄化し、再利用するといった環境への配慮もおこなっています。また、近くの滝で水力発電を行ない、ウェットミルの電力源として使用しています。パーチメントコーヒーの乾燥は、木や金属製の枠を作り、そこにネットを張ったアフリカンベッドを使い乾燥させています。下からも風を通しながら均一に乾燥させることで、品質の良いコーヒーを完成させることに成功しています。

テイスティング ノート

スッキリした苦味と丸みのあるコク、完熟チェリーのような甘味スパイシーなアロマと、ナッツ系の香味が特徴です。

甘味 ★★★★★
コク ★★★★★★
まろやかさ ★★★★★★
香り ★★★★★★★
酸味  - 
苦味 ★★★★★★★

★印8段階、オススメ焙煎での評価です。

コーヒー豆 データ

生産者 ドゥコレレ生産者組合
エリア ブルリ州コリンブルンガ地区
品種 ブルボン
プロセス ウォッシュド
標高 1500~1600m
オススメ焙煎 中深煎り