ニカラグア
プラセーレス ファンキー
ブルボン
ファンキー・ナチュラル・プロセス
ラ・プラセーレス農園

nicaragua placeres funky bourbon funky natural process finca la placeres

コーヒーの名門ミエリヒ家の農園

nicaragua placeres funky bourbon funky natural process finca la placeres ニカラグアは、中米の中央部に位置し太平洋と大西洋の間にあり両方の大海に面しています。北にホンジュラス、南はコスタリカに接しています。中米最大の面積を持ち西部は山岳地帯で東部にはジャングルが広がっています。ラ・プラセーレス農園は、ニカラグアの中部に位置するマタガルパ県にあります。マタガルパ県には、イサベリア山脈やダーレン山脈があり、標高の高い地域です。一般的なニカラグア・マタガルパ県のコーヒー生産は、標高700m~1200m程度で行われております。ラ・プラセーレス農園では800~1000mでコーヒー生産が行われています。

ラ・プラセーレス農園は、リモンシリョ農園などで世界的にも有名なコーヒー生産者であるエルイン・ミエリッヒ氏の農園です。ラ・プラセーレス農園のオーナーであるミエリヒ家とコーヒーの歴史は古く、1888年に遡ります。 ドイツの地質学者だったブルーノ・ミエリヒ氏が、地質調査と鉄道建設のサポートのためにマタガルバに到着したのが1888年です。その貢献にニカラグア政府はマタガルバの北の高地を彼に与えました。そこにコーヒーを植えたのが、マタガルバ地域のコーヒーの歴史の始まりです。ラ・プラセーレス農園の畑からほど近いエリアにはアパンテ、ダンタリ・エルディアブロの2か所の自然保護区域があり、古来の生態系を保ったままコーヒー栽培が行われています。熱帯雨林を髣髴とさせる山奥の山林に位置するラ・プラセーレス農園の環境は、豊富な水資源とコーヒー栽培に適した湿度が保たれています。このような素晴らしい環境が、特徴的なテロワールを生みだします。

新しい精製方法ファンキー・ナチュラル・プロセス

nicaragua placeres funky bourbon funky natural process finca la placeresラ・プラセーレス農園のオーナーであるエルイン・ミエリッヒ氏は、収穫されたコーヒチェリー(果実)からコーヒー生豆を完成させる全ての工程を行うことのできる乾燥施設・ドンエステバンミルを所有します。これはニカラグアでは非常に珍しく、収穫したコーヒーチェリーに迅速で的確な精製処理をすることができ、高品質なコーヒーを作りあげることに繋がっています。ドンエステバンミルは、ニカラグアで初めてのフルトレーサビリティの乾燥施設で、精製したコーヒー生豆には、トレーサビリティカードが発行され、厳密な管理がされています。このプラセーレス・ファンキーは、ラ・プラセーレス農園で育まれた素晴らしいテロワールをもったブルボン種を、ファンキー・ナチュラル・プロセスという特殊な精製方法で仕上げたコーヒー豆です。ファンキー・ナチュラル・プロセスとは、収穫したコーヒー・チェリー(果実)を黒いビニールシートで覆い、ビニールシートの中に水をかけ天日の下で一昼夜おき、乾燥工程で発酵を取り入れた特殊な精製方法のことです。このエルイン・ミエリッヒ氏が考え出した特殊な精製方法により、通常のナチュラル・プロセスやナチュラル・ワイニー・プロセスでは感じられない上質なウッドチップやカカオのような香味、やわらかなクリームチーズのような風味、刺激的なスパイスのような香り、華やかな果実酒のような甘味など、芳醇で複雑なカップを楽しめるコーヒーです。ファンキー(funky)とは「面白い、良い意味で変っている、カッコイイ」というような意味です。

テイスティング ノート

上質なウッドチップやカカオのような香味、やわらかなクリームチーズのような風味、刺激的なスパイスのような香り、華やかな果実酒のような甘味など、芳醇で複雑なカップを楽しめるコーヒーです。

甘味 ★★★★★★★
コク ★★★★★★
まろやかさ ★★★★★★★
香り ★★★★★★★★
酸味 
苦味 ★★★★★★

★印8段階、オススメ焙煎での評価です。

コーヒー豆 データ

農園名 ラ・プラセーレス農園
農園主 エルイン・ミエリッヒ
エリア マタガルパ
品種 ブルボン
プロセス ファンキー・ナチュラル・プロセス
標高 800m~1000m
オススメ焙煎 中煎り