ルワンダ
ニャルシザ
ブルボン
ウォッシュド

rwanda nyarusiza bourbon

アフリカ・スペシャルティコーヒーの雄

rwanda nyarusiza bourbonアフリカ大陸の中央、赤道の南側に位置しているルワンダ共和国は、「千の丘の国」と称される美しく平和な国です。マウンテンゴリラが生息するルワンダ共和国には、【肥沃な火山灰質の土壌】【年間約2,000ミリの豊富な雨量】【昼夜の寒暖差】【標高1500~2000mの高地栽培】といったコーヒー栽培に適した自然条件がそろっています。このような好条件の地域で、コーヒーの木は成長し、コーヒーチェリーはゆっくり熟成します。ルワンダ共和国のコーヒーの歴史は比較的新しく、1904年にドイツ人宣教師により持ち込まれました。その後、1930年からは各農家に70本のコーヒーの木の栽培を義務づけました。コーヒーはルワンダ共和国の経済の発展に重要な役割を果たし、現在でも輸出の第1位を占める重要な農作物となっています。2008年にアフリカ大陸で初めて開催された「カップ・オブ・エクセレンス」以降、ルワンダ共和国は、良質なコーヒーの産地として世界的に知られる様になりました。現在、スペシャルティーコーヒーの産地としては、アフリカの中でも一歩リードした存在になっています。しかし、小規模農家が多いルワンダ共和国では、ドライパーチメントを製造するセミウォッシュドと呼ばれるコーヒーが全体の70%を占め、誰がいつどの様にプロセスしたかが統一されていないコーヒーが多く、品質が安定しにくいのが実情です。

新しい希望・ニャルシザ農協

rwanda nyarusiza bourbon1994年、部族間の闘争によって当時の人口の10~20%のあたる100万人が、たった100日間で犠牲になったルワンダ大虐殺。その時に家族を失ったムカシャカ女史によって、ニャルシダ農協は運営されています。彼女は2つの精製所を所有し、7000に及ぶ小規模の生産者からコーヒーを買い取り、素晴らしいコーヒーを生産しています。健康保険や低利率のローンを提供するなど、働く人の待遇改善にも取り組み、コーヒーで得た収益のほとんどを学校、病院、給食などの社会インフラに寄付し、生きる希望をなくした女性や子供たちに明るい未来を与えています。このような彼女の人柄は、多くの人たちに支持され慕われ、高品質のコーヒー作りにも反映されています。

ニャルシザ農協のコーヒー豆は、木や鉄製の枠を組み、そこにネットを張った「アフリカンベッド」と呼ばれる乾燥棚で乾燥させています。この乾燥方法は、ネットの下側から風が入ることによって乾燥が均一になり品質が高くなるといわれています。その丁寧で確かなコーヒー作りは、2008年、2010年、2011年にコーヒー品評会「カップ・オブ・エクセレンス」に入賞したことで高い品質であることを証明しております。

テイスティング ノート

ナッツのような香ばしさとスッキリした苦味、トロッとした丸い甘味が柔らかいコーヒーです。

甘味 ★★★★★
コク ★★★★★
まろやかさ ★★★★★
香り ★★★★★★★
酸味  ★ 
苦味 ★★★★★

★印8段階、オススメ焙煎での評価です。

コーヒー豆 データ

生産者 ニャルシザ農協
農園主 エフィファニィ・ムカシャカ
責任者 サムエル・ムヒルワ
エリア 南ニャマガベ
品種 ブルボン
プロセス ウォッシュド
標高 1785m
オススメ焙煎 中煎り