エルサルバドル
レフォルマ ブルボン
ウォッシュド
ラ・レフォルマ農園

el salvador reforma bourbon washed finca la reforma

100年以上続く名門アルバレス家のコーヒー農園

 エルサルバドルは中央アメリカ中部に位置し、グァテマラ、ホンジュラス、ニカラグアと国境を接しています。南と西は太平洋に面していますが、中央アメリカ5カ国の中でカリブ海に面していない唯一の国がエルサルバドルです。アメリカ大陸の中で最も小さな国で、面積は四国ほどしかありません。1993年に内戦が終結してからは、平和への道を着実に歩んでいます。ラ・レフォルマ農園のあるサンタアナは、首都サンサルバドルに次ぐエルサルバドル第二の都市で、西部の所要都市です。サンタアナは、19世紀後半から20世紀にかけてコーヒー栽培で繁栄し世界中にその名を轟かせました。ラ・レフォルマ農園の現在の農園主エドゥアルド・アルバレス氏の曽祖父であるラファエル・アルバレス氏は、1892年に新しいコーヒーの歴史を築くべく、少しのコーヒーの種子を持ってコロンビアからサンタアナに移住しました。4世代100年にわたりコーヒー栽培を追及し続けてきたアルバレス家は、エルサルバドルだけでなく、世界のトップクラスのスペシャルティコーヒー農園として有名です。

ラ・レフォルマ農園のブルボン種

el salvador reforma bourbon washed finca la reforma ラ・レフォルマ農園はサンタアナ火山の裾にあり、肥沃な火山灰土壌、年間1900mmの降水量、平均気温20℃というコーヒー栽培に最適な環境の中にあります。マメ科の植物であるインガをシェード・ツリーとして植え、日光をコントロールしながら時間をかけてゆっくりコーヒーを育てています。ゆっくり時間をかけて育てられたコーヒー果実は小粒ですが、丁寧に丹精こめて育てられているため、しっかり栄養が行き届いています。ラ・レフォルマ農園では、この地域固有の木をシェード・ツリーに使うことで鳥が生息し、害虫対策に役立てています。また、土壌を育てコーヒーの木の健康を維持することで、サビ病(コーヒーの葉を枯らすコーヒーの木の病気)対策も行っています。近年、凶悪化したサビ病の影響で、エルサルバドルのコーヒー生産量は半減してしまいました。特にエルサルバドルの主要品種であるブルボン種はサビ病に弱く、多くの生産者がコーヒーを放棄したり品種替えを行いましたが、ラ・レフォルマ農園では徹底した管理でブルボン種100%を守り続けています。

迅速で高い精製処理技術が高いクオリティを実現

el salvador reforma bourbon washed finca la reforma 現在、アルバレス家はラ・レフォルマ農園とサンタマリア農園という2つの農園と、エル・ボルボロンというコーヒー豆の精製処理施設を所有しています。エルサルバドルの多くのコーヒー農園が外部の生産処理施設を利用していますが、ラ・レフォルマ農園では隣接するアルバレス家所有の精製処理施設を使用しています。収穫したコーヒーの果実は驚くべき早さで劣化していきます。如何に早く精製の処理をスタートさせることが出来るかで、コーヒーのクオリティに天と地ほどの差が生まれます。数分の差が大きく風味に影響します。自前の精製処理施設を所有することで、コーヒーのクオリティに繋がる第一歩を迅速に行える訳です。エル・ボルボロンでは、水を使用しないで果肉除去工程を行い、その後、水を使い16-20時間かけて綺麗なパーチメント(内果皮)コーヒーにウォッシュド処理されます。こだわりは乾燥工程を行うパティオにも表れています。レンガ・パティオは、この地域の伝統的な乾燥方法です。この方法は、レンガが熱を吸収してくれることによって、コーヒー豆の熱をコントロールしながら乾燥させることが出来ます。乾燥工程は天日で最低でも9~10日かけてゆっくり乾燥させます。更にクオリティを上げるために、1日4~5時間だけ天日にあたるパティオを使用し水分を均一にします。短時間で乾燥ことが出来る新しい乾燥方法より、クオリティ重視の乾燥方法を行うこともアルバレス家の拘りです。栽培や精製に垣間見られるアルバレス家の情熱と高い技術によるクオリティは、2011年エルサルバドル・カップ・オブ・エクセレンスでの91.72という高い点数が証明しています。

テイスティング ノート

ミルクチョコレートのような柔らかな甘味と、その甘味の中に見え隠れする完熟オレンジのような綺麗な軽い酸味。最後にミルクキャラメルのようなトロッとした甘い余韻が広がります。

                                                                                                                        
甘味 ★★★★★★
コク ★★★★★
まろやかさ ★★★★★★
香り ★★★★★★★
酸味★★★
苦味 ★★★★

★印8段階、オススメ焙煎での評価です。

コーヒー豆 データ

 農園名 ラ・レフォルマ農園 
 農園主 エドゥアルド・アルバレス
エリア サンタアナ
品種 ブルボン
プロセス ウォッシュド
標高 1300m~1400m
オススメ焙煎 中煎り