ホンジュラス
コマヤグア
ウォッシュド
ロス・リリオス農園
エル・ズンビード農園
ラ・クチーリャ農園

honduras comayagua washed

良質なコーヒーを育むための条件

honduras comayagua washedホンジュラスは、中央アメリカ中部に位置し、グァテマラ、エルサルバドル、ニカラグアと国境を接し、東はカリブ海に、西は太平洋に面しています。日本の3分の1ほどの国土のうち約80%が山岳地帯となっており、国土主要部の標高が1000m~1500mという高原地域となっています。ホンジュラス中部にあるホンジュラスのコマヤグアは、良質なコーヒーを産出することで名の通った地域です。このコーヒーは、コマヤグア・シグアテペッケ近郊にある標高1200m以上の高地でコーヒーを生産する3つの農園の原料を、品質に重点を置き、収穫から精製、保管にいたるまで、こだわりを持って完成させました。エル・ズンビード農園、ロス・リリオス農園、ラ・クチーリャ農園という3つの農園は、いずれも標高1200mを超える地形を持っており、良質なコーヒーの栽培に適した条件が整っています。高い標高が昼夜の気温の差を生み、コーヒーの木は種子であるコーヒーの豆を守ろうと、果肉に栄養分をしっかり蓄えようとします。この果肉の栄養分が高品質なコーヒー豆を育てます。

収穫から乾燥までの迅速な処理

ホンジュラスは、グァテマラやコスタリカを抑え、中米第1位のコーヒー生産国です。世界的にみても10位以内に入るコーヒー生産量を誇ります。しかし、コーヒーの知名度や品質の評価は、決して高いとはいえない状況です。品質を下げている最大の原因は、収穫から乾燥までのスピードにあると考えられます。ホンジュラスでは小規模農園が多く、農園に十分な乾燥スペースを確保することが難しく、乾燥スペースに空きが出来るまで、収穫したコーヒーの果実を水分の多いウェットパーチメント(水洗で果肉を剥いた状態)で長時間放置したり、ウエットパーチメントのままで経済の中心都市サンペドロスーラまで長時間輸送されたりすることが頻繁に行われています。長時間の放置や高温多湿での輸送が微生物の繁殖を引き起こし、品質を低下させる原因だと考えられます。

honduras comayagua washed小規模農園の多いホンジュラスでは、精製処理施設を持っている農園は多くありません。エル・ズンビード農園、ロス・リリオス農園、ラ・クチーリャ農園の3農園は、共同で精製処理施設を作ったことで、乾燥までを迅速に行うことが出来るようになりました。そして、完成したコーヒー生豆は、高温多湿のサンペドロスーラを避けて標高600mの冷涼で湿度も低いコマヤグアで出荷まで保管されています。出荷時も、コマヤグアでコンテナに詰め込んで輸送しています。これらを徹底することで、高品質でクリーンなコーヒーに作りあげることが出来るようになりました。

テイスティング ノート

柑橘系の香りや草のような香りがあり、明るいきれいな酸味が特徴です。口当たりが滑らかで、甘みが感じられ、その質感を楽しむことが出来ます

甘味 ★★★★★
コク ★★★★
まろやかさ ★★★★★★
香り ★★★★★★★
酸味  ★★ 
苦味 ★★★★

★印8段階、オススメ焙煎での評価です。

コーヒー豆 データ

農園名 エル・ズンビード農園
ロス・リリオス農園
ラ・クチーリャ農園
農園主 レオニダス・パディージャ
ダニー・カスティージョ
ファウスト・マルダナード
エリア コマヤグア・シグアテペッケ
品種 カトゥアイ、ティピカ、カトゥーラ
プロセス ウォッシュド
標高 1300~1400m
オススメ焙煎 中煎り