グァテマラ
フロレンシア ティピカ
ウォッシュド
フロレンシア農園

guatemala florencia typica

グァテマラの良質なコーヒー産地の1つ

guatemala florencia typicaグァテマラは中央アメリカ北部に位置し、北にメキシコ、北東にベリーズ、東にホンジュラス、南東にエルサルバルと国境を接する国です。北東はカリブ海に、南は太平洋という2つの海に面し、国土の大部分が山地からなっています。グァテマラには、ANACAFE(アナカフェ)と呼ばれるグァテマラ国立コーヒー生産者協会(Association Nacional del Café)が定める8つの良質なコーヒーの産地があります。その8地域は、アカテナンゴ、アティトラン、アンティグア、ウエウエテナンゴ、オリエンテ、コバン、サンマルコス、フライハネスです。

世界で最も美しいとも称されるアティトラン湖の周辺地域は、良質なコーヒーの産地として有名です。美しいアティトラン湖の名前にも負けないような品質の高いコーヒーが、このアティトランです。アティトラン湖周辺は、ANACAFE(グァテマラ国立コーヒー生産者協会)が定める8つの良質なコーヒー生産地区の中の1つに認定されています。アティトラン湖は、8万年以上前の火山活動によって生まれた深さ約300m、面積約360平方kmの大きなクレーター湖です。アティトラン地域は、ANACAFEが定める火山性のコーヒー産地の中で、最も有機物に富んだ土壌を持っています。これらの環境が『芳醇で豊か、フルーツの香りがあり、キリッとした際立ったボディ』と表現されている素晴らしいコーヒーを生み出します。

グァテマラでは栽培が難しいティピカ種

guatemala florencia typicaラ・フロレンシア農園は、グァテマラで4番目に大きな湖のアマティラン湖の南東に位置します。アマティトラン湖の周囲は高原地帯になっており、高品質なコーヒーを育てるための環境が整っています。活火山があり、標高が高く、火山質の土壌に覆われたフライハーネス地区は、グァテマラの主要産地であるアンティグア地区によく似ています。フライハーネス地区は、年間降水量がアンティグア地区に比べ多く、高く変わりやすい湿度と、昼夜の温度の高低差がアンティグア地方と似たようで違った気候を作り上げています。また、フライハーネス地区の中心には活火山パカヤ山があり、しばしば噴火しては火山灰を地区全体にもたらします。この火山灰がミネラル分を農地に与え養分に富んだ土壌にしています。

19世紀の初めに作られたラ・フロレンシア農園は、6代にわたってコーヒー栽培が続けられてきた由緒あるコーヒー農園です。40人の農園の従業員たちは、農園で生まれ、農園で育ったラ・フロレンシア農園を愛する人たちばかりです。「最高のコーヒーを作りあげるには、社会的責任や環境問題への責任も果たす事でなしえる」という信念のもと、伝統と情熱が育んだ最高のコーヒーは、2008年、2009年に2年連続でグァテマラのコーヒー品評会・カップ・オブ・エクセレンスを受賞したことが証明しています。ティピカ種は、生産性が低く、高地には不向きで木の管理が難しいという理由から、グァテマラではあまり栽培されていませんが、ラ・フロレンシア農園では、「宝石」と呼ばれている約2ヘクタールという限られた区画でのみ栽培されています。フローレス家が農園を始めたのは約130年前ですが、更に約70年以上さかのぼったラ・フロレンシア農園が始まった頃から200年にわたり、同じ場所でティピカ種は栽培されてきました。

テイスティング ノート

奥行きのある豊かな香り、シッカリとしたボディ、スッキリした甘い酸味、バランスの良いコーヒーです。

甘味 ★★★★★
コク ★★★★★
まろやかさ ★★★★★
香り ★★★★★★★
酸味  ★★★ 
苦味 ★★★★

★印8段階、オススメ焙煎での評価です。

コーヒー豆 データ

農園名 ラ・フロレンシア農園
農園主 ファン・ラモン・フローレス
エリア アティトラン フライハーネス
品種 ティピカ
プロセス ウォッシュド
標高 1570m
オススメ焙煎 中煎り