グァテマラ
フェアトレード
ウエウエテナンゴ
ウォッシュド

guatemala fairtrade huehuetenango

グァテマラの良質なコーヒー産地の1つ

グァテマラは中央アメリカ北部に位置し、北にメキシコ、北東にベリーズ、東にホンジュラス、南東にエルサルバルと国境を接する国です。北東はカリブ海に、南は太平洋という2つの海に面し、国土の大部分が山地からなっています。グァテマラには、ANACAFE(アナカフェ)と呼ばれるグァテマラ国立コーヒー生産者協会(Association Nacional del Café)が定める8つの良質なコーヒーの産地があります。その8地域は、アカテナンゴ、アティトラン、アンティグア、ウエウエテナンゴ、オリエンテ、コバン、サンマルコス、フライハネスです。

guatemala fairtrade huehuetenangoウエウエテナンゴ地域は、良質なコーヒーの産地として世界的にも高く評価されている地域です。メキシコの国境と接しているため温暖な風があり、高地であっても降霜を防ぎ、標高の高い場所でのコーヒー栽培が可能です。そのウエウエテナンゴの奥地、サンタエウラリアという標高1300~1800mのエリアにチョフスニル村があります。首都から丸2日、3000m級の山脈の峠を越え、舗装のない山道を進まなければチョフスニル村へは辿り着けません。チョフスニル村の標高は1500mで、南国グァテマラの中にありながら、村の朝の寒さは日本以上に厳しいものです。そして、朝晩の寒暖の差が激しいということは、チョフスニル村が美味しいコーヒーの生産には最適の環境にあるということです。村のコーヒー栽培に熱心な小規模コーヒー農家たちがチョフスニル・コーヒー生産者組合を結成し、JAS認証のもと有機栽培コーヒーの生産に取り組んでいます。コーヒーの2大栽培品種であるティピカ種とブルボン種だけを化学肥料や農薬を一切使用しない昔ながらの有機栽培で育てています。コーヒーの実は、完熟するまでシェードツリーの下でゆっくりと収穫される時期を待っています。2月から3月にかけて実は真っ赤に熟し、この赤実だけを丁寧に手摘みしたのち、時間をかけて100%天日にて乾燥させます。

フェアトレードとは

フェアトレードとは、コーヒー豆のような農作物などを、生産者が生活を維持できる価格で取引をおこなうことで、立場の弱い人々の自立を支援していく新しい貿易の方法です。 現在のコーヒー取引はニューヨークやロンドンにある国際先物取引市場において価格が決められています。そこでは需要と供給のバランスが全て、生産のために投下した費用や生産者の生活費などは考慮されません。従って、供給過剰などで国際相場が低迷し始めると、一部の例外を除いて小規模農家が多いコーヒー生産地では、丹精込めて栽培しても生産コストを賄うことも出来ず、来年の収穫に向けた肥料を購入することも、子供たちを学校に出すこともできなくなるといったことが往々にして発生します。

こうした中で、新しい流通である「フェアトレード」の試みがヨーロッパで始まり、世界中に広がってきています。フェアトレードにより生産者は安定した価格でコーヒー豆の取引をおこなうことができ、教育や生活水準の向上、またコーヒーの生産設備の整備や技術習得によって自立した生産者となることを目指します。

guatemala fairtrade huehuetenangoコーヒーを取り扱う者として、生産者の貧困や生産地の荒廃を見逃すことはできず、また生産地の荒廃はコーヒー産業の荒廃につながると、焙煎香房シマノは考えております。より美味しいコーヒーを提供し続けることができるよう、生産地と消費国の共存共栄を願って、焙煎香房シマノでは2005年からフェアトレードのコーヒー豆を取り扱っております。 フェアトレードの商品は、FLO(Fairtrade Labelling Orgnizations International)という国際機関によってフェアトレードの認証を受けております。商品には、フェアトレード・ラベルを添付することで消費者の方々には分かりやすい表示となっております。このコーヒーは、フェアトレード・ラベル・ジャパンの認証も受けております。

テイスティング ノート

まろやかな苦味とスッキリとした甘味、クリーンなボディのバランスが良いコーヒーです。

甘味 ★★★★
コク ★★★★
まろやかさ ★★★★★
香り ★★★★★★★
酸味  ★★
苦味 ★★★★

★印8段階、オススメ焙煎での評価です。

コーヒー豆 データ

生産者 チョフスニル・コーヒー生産者組合
エリア ウエウエテナンゴ サンタエウラリア チョフスニル
品種 ティピカ、ブルボン
プロセス ウォッシュド
標高 1300~1800m
認証 フェアトレード
オススメ焙煎 中煎り