エルサルバドル
エル・モリノ イエローブルボン
ウォッシュド
エル・モリノ農園

el salvador el molino yellow bourbon washed

高品質コーヒーを育てる環境

エルサルバドルは中央アメリカ中部に位置し、グァテマラ、ホンジュラス、ニカラグアと国境を接しています。南と西は太平洋に面していますが、中央アメリカ5カ国の中でカリブ海に面していない唯一の国がエルサルバドルです。アメリカ大陸の中で最も小さな国で、面積は四国ほどしかありません。1993年に内戦が終結してからは、平和への道を着実に歩んでいます。

エルサルバドル西部アウアチャパン県に位置するエルモリノ農園は、豊かな火山灰土壌に恵まれシェードツリーの管理なども素晴らしい農園です。標高1200~1400mに位置に240haの農園が広がっています。夏は30℃~18℃、冬は28℃~12℃で、寒暖の差が大きく、高品質のコーヒーを育てることのできる環境にあります。このような過酷な状況で、コーヒーの樹は種子であるコーヒーの豆を守ろうと実が栄養をたくさん蓄えます。栄養をしっかり蓄えたコーヒーの実は、コーヒー豆に栄養をたくさん与えてくれます。昼と夜の寒暖の差が、高品質のコーヒー豆を育てるという訳です。

稀少品種イエローブルボン

el salvador el molino yellow bourbon washedエル・モリノ農園では、レッドブルボン、イエローブルボン、オレンジブルボンの3種類のブルボンを栽培しており、今回はイエローブルボンの中でも特に高品質なものだけを選び数量限定で購入しました。イエローブルボンとは、ブルボン種の中でも稀少性の高い黄色品種です。コーヒーの実は本来、赤い実を付けるのですが、イエローブルボンは、その名の通り黄色の実を付けます。丹精こめて育て上げ、綺麗な黄色に完熟したコーヒーの実のみを丁寧に収穫しウォッシュド・プロセスで精製したものが、このイエローブルボンです。スッキリとした綺麗なカップからも、収穫から精製までの丁寧で迅速な仕事を垣間見ることが出来ます。

テイスティング ノート

なめらかな口当たりで、スッキリとした綺麗なコーヒーです。完熟オレンジのような風味と後に感じる爽やかさがあります。苦味も酸味も強くなく、バランスのとれた飲みやすいコーヒーです。

甘味 ★★★★★
コク ★★★★★
まろやかさ ★★★★★
香り ★★★★★★★
酸味  ★★★ 
苦味 ★★★

★印8段階、オススメ焙煎での評価です。

コーヒー豆 データ

農園名 エル・モリノ農園
農園主 ホセ・アントニオ・サラベリア・ボルハ
エリア アウアチャパン
品種 イエローブルボン
プロセス ウォッシュド
標高 1200~1400m
オススメ焙煎 中浅煎り