グァテマラ
エルインフェルト パカマラ
ウォッシュド
エル・インフェルト・ウノ農園

guatemala elinjerto pacamara washed finca el injerto Ⅰ

グァテマラの良質な8つのコーヒー産地

 グァテマラは中央アメリカ北部に位置し、北にメキシコ、北東にベリーズ、東にホンジュラス、南東にエルサルバルと国境を接する国です。北東はカリブ海に、南は太平洋という2つの海に面し、国土の大部分が山地からなっています。グァテマラには、ANACAFE(アナカフェ)と呼ばれるグァテマラ国立コーヒー生産者協会(Association Nacional del Caf?)が定める8つの良質なコーヒーの産地があります。その8地域は、アカテナンゴ、アティトラン、アンティグア、ウエウエテナンゴ、オリエンテ、コバン、サンマルコス、フライハネスです。

            

世界が注目しているウエウエテナンゴ地区

guatemala elinjerto pacamara washed finca el injerto Ⅰ  エル・インフェルト・ウノ農園は、メキシコとの国境を有するウエウエテナンゴ地区にあります。ウエウエテナンゴには中央アメリカで最も高い非火山性山脈であるクチュマタネス山脈(標高3,828m)があり、グァテマラで最も高い標高(2,000m前後)のコーヒー産地になります。ウエウエテナンゴには、メキシコのテウアンテペック平原から吹き付ける乾燥した温暖な風が吹き付けます。標高があるにもかかわらず、この風のおかげで霜害から守られ、コーヒー栽培を可能にしています。平均気温16~28℃、年間降水量1,800~2,000mmという適度な湿度、有機物質に富んだ土壌と、コーヒー栽培には最適な環境が整っています。標高が高く、昼夜の寒暖の差が大きいため、コーヒーの木は種子であるコーヒーの豆を守ろうと果実に栄養分をしっかり蓄え、良質なコーヒーを育みます。また、明確な乾季があることも均等な開花熟成を生み、良質なコーヒー豆の成長を促がしています。
 現在、ウエウエテナンゴ地区は、良質なコーヒーの産地として世界的に最も高く評価されている地域の1つです。しかし、2000年より前は、グァテマラのコーヒー産地といえばアンティグアやコバンが有名で、ウエウエテナンゴは世界的には無名といってもいい産地でした。このウエウエテナンゴを世界的に有名にした農園が、エル・インフェルト・ウノ農園です。世界的なコーヒーのコンペティションであるカップ・オブ・エクセレンスがグァテマラで本格的に始まる前、2001~2005年に4回開催されたグァテマラ・スペシャルティコーヒー・コンペティションの全てで3位以上に入り、エル・インヘルト・ウノ農園の名は徐々に認知され始めます。グァテマラでのカップ・オブ・エクセレンスが本格開催となった2006年、92.57という高得点でカップ・オブ・エクセレンス初優勝を果たします。2008年、エル・インフェルト・ウノ農園は前年までとは違うコーヒー品種であるパカマラ種を出品します。そして、2008年に各国で開催されたカップ・オブ・エクセレンスに出品された全ての中で、最高である93.68という点数をつけ完全優勝を果たします。これをきっかけに、エル・インフェルト・ウノ農園は、世界が注目するカリスマ農園の階段を駆け上がりはじめ、空前絶後の2008、2009、2010年のカップ・オブ・エクセレンス3連覇を果たします。同時に、産地であるウエウエテナンゴも、最高のテロワール(地勢や気候が生みだすコーヒーの風味)を生みだすコーヒー産地として注目されるようになりました。

カリスマ農園・エル・インフェルト・ウノ

guatemala elinjerto pacamara washed finca el injerto Ⅰ エル・インフェルト・ウノ農園は、コーヒーのコンペティションであるカップ・オブ・エクセレンスにおいて、2006、2008、2009、2010、2012、2013、2015年と複数回の優勝をはたし、まさにグァテマラ・コーヒー界の頂点に君臨するコーヒー農園です。ゲイシャ種で有名なパナマのラ・エスメラルダ農園と同じく、カリスマ性を持った世界的に有名なスペシャルティコーヒー農園の双璧です。
 エル・インフェルト・ウノ農園は1879年にグァテマラに登録された歴史のある農園で、コーヒーの名産地ウエウエテナンゴでのコーヒー栽培の草分け的な農園です。1874年にジーザス・マリア・アーギレ・パナマ氏によって設立され、サトウキビ、トウモロコシ、豆、タバコの栽培を始めました。1900年にコーヒーを栽培するために新たに農園の開発を始め、接ぎ木という意味のEl Injerto(エル・インフェルト)と名付けられました。彼の没後、農園は2人の息子に譲渡され、1939年に”El Injerto I(エル・インフェルト・ウノ)”と”El Injerto II(エル・インフェルト・ドス)”という名前を付けて分割されました。エル・インフェルト・ウノ農園の現オーナーのアルトゥロ・アギーレ・エスコバル氏は第3世代にあたり、1956年以来この農園を所有しています。
 エル・インフェルト・ウノ農園は、グアテマラ北西部ウエウエテナンゴ県の谷沿いに深く入ったラ・リベルタ村に位置しています。農園は標高1,500~2,000mの斜面にあり、非常にコーヒーの栽培に適した地形を有しています。敷地面積750ヘクタールのうち、250ヘクタールでコーヒーの栽培をおこなっています。農園は、樹の形や枝の勢い、葉の色や実の付き方などが素晴らしく、非常に良く手入れされていることが一目で判ります。堆肥にはミミズを使って作り出した有機を使用するなど、環境にも細心の注意を払っています。敷地内に維持している470ヘクタールの天然雨林は、動植物の自生を維持するとともに、この農園に最適な気候をもたらし、山中に沸く泉からは豊富で良質な水量を確保することができます。収穫では完熟赤実のみが手摘みされ、伝統的な水洗処理工程を守って精製処理されています。果肉除去された後60~72時間をかけて醗酵槽に浸けられて熟成し、山から流れてくる豊富な湧き水を利用し洗浄します。こうして充分に甘味を持ったパーチメントがパティオ(天日乾燥場)で丁寧に乾燥されます。また、農園には、ドライ・ミル(選別工場)を所有しており、すべての工程を一貫して行っております。

            

ウエウエテナンゴ地区エル・インフェルト・ウノ農園のパカマラ種

guatemala elinjerto pacamara washed finca el injerto Ⅰ  2008年、エル・インフェルト・ウノ農園から新しい品種パカマラが登場し、グァテマラのコーヒーだけでなく、世界的にコーヒーの新たな歴史の1ページが開かれました。パカマラは隣国エルサルバドルで開発された新しいコーヒー品種です。エルサルバドル国立コーヒー研究所(ISIC)は良質のコーヒー品種を作り出すべく品種改良の研究を開始し、1958年に生み出したのがパカマラです。さまざまな品種の中から複数の品種を掛け合わせ、辿り着いたのがパカス種とマラゴジッペ種でした。マラゴジッペは、1898年にブラジルで発見されたティピカ種の突然変異種で、柔らかい酸味と甘味が特徴で、通常のコーヒー豆よりかなり大粒な稀少品種です。パカスは、1956年にエルサルバドルで発見されたブルボン種の突然変異種で、小粒ながらも丸みのあるコクとスッキリした甘酸っぱさが特徴の品種です。これら2つの品種を掛け合せたのが、エルサルバドルの新品種パカマラです。パカマラは華やかでフルーティな香りを持っており、世界で最も注目を浴びるようになりました。
 誕生の地であるエルサルバドルでのパカマラ種の評価も素晴らしいものでしたが、2008年のエル・インフェルト・ウノ農園のパカマラは、それまでのパカマラの評価の遥か頭上をいく最高の評価を得ることになりました。これは、ウエウエテナンゴの地勢や気候などにパカマラが持つ個性がベストマッチングした奇跡的なテロワール(地勢や気候が生みだすコーヒーの風味)だと言われています。同じような奇跡のベストマッチングは世界にもう1つあり、それがゲイシャ種とパナマのラ・エスメラルダ農園があるボケテ地区です。近年、ウエウエテナンゴではパカマラを育てるコーヒー生産者が増え、他の地域とは違うウエウエテナンゴ特有のテロワールを持ったパカマラが増えています。しかし、ウエウエテナンゴの他の農園が作り出すパカマラが、エル・インフェルト・ウノ農園のパカマラと同じように飛びぬけて素晴らしいフルーティな香りや酸味を持ち合わせているかといえば、そういうわけではありません。エル・インフェルト・ウノ農園の高い技術と徹底した研究管理があってこそ、世界最高峰のコーヒーが生まれのです。

テイスティング ノート

フローラルな香りと、タンジェリンやデコポンのようなフルーティな香りと甘味があります。華やかなカシスやフランボワーズ、りんご、白ぶどうのような風味も隠れ持っています。フローラルでフルーティな優しい香りと、なめらかな甘味が特徴の綺麗なコーヒーです。

甘味 ★★★★★★★
コク ★★★★★★★
まろやかさ ★★★★★★★
香り ★★★★★★★★
酸味 ★★★★★
苦味 ★★★

★印8段階、オススメ焙煎での評価です。

コーヒー豆 データ

農園名 エル・インフェルト・ウノ農園
農園主 アルトゥロ・アギーレ・エスコバル
エリア ウエウエテナンゴ リベルタ
品種 パカマラ
プロセス ウォッシュド
標高 1500~2000m
オススメ焙煎 中浅煎り