タンザニア
キリマンジャロ AA キボ
ムビンガ
ウォッシュド

tanzania kilimanjaro aa kibo

進化したムビンガのキリマンジャロ

tanzania kilimanjaro aa kiboタンザニアの南西部のルブマ州ムビンガ県では、マテンゴ人と呼ばれる主要民族のほぼ全ての世帯がコーヒーの栽培を行っています。キリマンジャロ州と並んでタンザニアの最高級アラビカ豆の産地の一つであるルブマ州ムビンガ県には、1927年に最初にコーヒーが持ち込まれ、1933年に最初の収穫が開始されたと言われています。小規模農家によってコーヒーの栽培がおこなわれているムビンガ県には、42000戸以上の小規模コーヒー農家があると言われています。ムビンガ県は、かなりの僻地にあり、タンザニアの首都ダルエスサラームから1000キロも離れてます。豊富な降雨量と火山性土壌などの条件も整い、昔から最高級アラビカ豆の産地として有名だったのですが、精製の技術が悪く、高品質コーヒーとは言えませんでした。1997年以降は、地域に多くの精製工場ができ、その品質が飛躍的に向上しました。近年になり独自のブランドを立ち上げ、ムビンガ・コーヒーとして世界中から注目を浴びつつあります。

『キリマンジャロ AA キボ』という言葉の意味

tanzania kilimanjaro aa kiboアフリカ大陸の最高峰の山であるキリマンジャロは、スワヒリ語の「山」という意味の「キリマ(kilima)」と、チャガ語の「輝く」という意味の「ンジャロ(njaro)」から出来ています。「AA」はタンザニア・コーヒーの規格で最高ランクのグレードAAを意味します。さらに、「KIBO」は、タンザニア・コーヒーの最高品質のコーヒーにのみ付けられる冠です。これは、スワヒリ語で「一番良い」「山のてっぺん」という意味で、キリマンジャロ山の3つの峰のうち一番高い峰である「キボ(Kibo)峰」に由来しています。「輝く山の一番良いもの」という名前が付けられたコーヒーが、このキリマンジャロAAキボです。

テイスティング ノート

カシス系やベリー系にやや柑橘系をミックスしたような香りで、まろやかな甘味と、ほのかな酸味とが絶妙なバランスです。

甘味 ★★★★★
コク ★★★★
まろやかさ ★★★★★★
香り ★★★★★★★
酸味  ★★★★ 
苦味 ★★★

★印8段階、オススメ焙煎での評価です。

コーヒー豆 データ

エリア ルブマ州 ムビンガ県
品種 ブルボン系 N39
規格 AA KIBO
プロセス ウォッシュド
標高 1600m
オススメ焙煎 中浅煎り