エチオピア
モカ ハラー
ボールド グレイン
ナチュラル

ethiopia mokha harar

コーヒー発祥の地のコーヒー

ethiopia mokha hararモカ・コーヒーとして親しまれているエチオピアは、北緯3度から14度、東経33度から48度に挟まれた東アフリカに位置するアフリカ最古の独立国です。雨量が多く、一面を森林が覆う熱帯雨林の広がる熱帯地方に位置してはいますが、その国土面積の大部分は2,000~3,000メートルのアビシニア高原が広がる涼しい高地で、年間平均気温は13℃と冷涼です。コーヒーの栽培面積は40万ヘクタールほどありますが、自生に近いフォレストコーヒーが中心の小規模農園がほとんどで、全体の約95%を占めているのもエチオピアの特徴です。高原に恵まれたエチオピアはコーヒー発祥の地であリ、紀元前1000年にソロモン王とシバ女王により樹立されたソロモン王朝に源を発します。コーヒーの木が森の中や庭先に自生しているこの国には、1000年以上に渡る長いコーヒーの歴史があり、日本の茶道にも似たコーヒーセレモニーは生活に密着した文化となっています。

丹念に手摘みされた在来原種モカ

ethiopia mokha hararエチオピア東部のハラールは、平坦な屋根の家々と回教寺院が点在し、中世エチオピアの面影を色濃く残しています。街は石垣で囲まれて、入り口となる5つの門を抜けると、まるでアラビアンナイトの世界に迷い込んだような光景が広がっています。モカ ハラー ボールド グレインは、アラビカ種の『在来原種』で標高2,000~2,750メートルのエリアで栽培され、完全なまでに熟したコーヒーの実は一粒ずつ丹念に手摘みされています。ハラール産のコーヒー豆の中でも最上級規格であるボールド グレインは、大粒で長く、先が尖っていて、色は緑っぽい色から黄金色です。火山灰土壌・激しい温度格差と環境の変化・日当たりの良い斜面など、様々な要因が、コーヒーの栽培・収穫に最も適した状態をつくっています。

モカとは、イエメンの南西岸、紅海に面する小さな港町のモカに由来します。その昔、エチオピアのコーヒーは、紅海の対岸に位置するイエメンのモカ港を経由してヨーロッパに運ばれていました。勿論、イエメンのコーヒーも同じように運ばれていました。そのため、エチオピアやイエメンのコーヒーはモカ港からのコーヒーという意味で、「モカ・コーヒー」と呼ばれるようになったと言われています。

テイスティング ノート

スッキリした柔らかい酸味と甘みが上品な味わいで、モカ独特のフルーティな香りが特長のコーヒーです。

甘味 ★★★★★
コク ★★★★★
まろやかさ ★★★★★
香り ★★★★★★★
酸味  ★★★★ 
苦味 ★★★

★印8段階、オススメ焙煎での評価です。

コーヒー豆 データ

                            
エリア ハラー州 ディレダワ南西
品種 在来種
規格 ボールド グレイン
プロセス ナチュラル
標高 2000~2750m
オススメ焙煎 中浅煎り