コロンビア
ゲイシャ サントゥアリオ
ウォッシュド
サントゥアリオ農園

geisha santuario washed

高品質コーヒーの産地ポパヤン高原

コロンビア国カウカ県は最高品質のコーヒー生産地として世界的に有名です。そして、そのコーヒーは濃厚で完璧なボディ、豊かでエキゾチックな香り、明瞭でバランスの良い酸を持っています。コロンビア中央山岳地帯の中、エコトポA-218地区は、日照、降水量、標高、土質などの条件の揃ったコーヒーの特産地です。この地域はポパヤン高原と呼ばれ、昼夜の気温差が非常に大きく、また豊かな降水にも恵まれ、高品質のコーヒー生産に適した土地です。標高の高さがもたらす昼夜の大きな気温差により、コーヒーの木は種子であるコーヒーの豆を守ろうと果実に栄養分をしっかり蓄え、高品質なコーヒーを育みます。

農園設計からスタートして12年でCOFFEE OF THE YEAR受賞

geisha santuario washedサントゥアリオ農園は、元々放牧地であったところに、約30年以上前の古き良き時代のコロンビア・マイルドコーヒーを復活させるべく、なおかつ継続的な環境保全(土壌保全、地域社会への貢献、生物多様性の保護)の中でコーヒーの生産に取り組むべく、1999年にカミーロ・メリサルデ氏が農園を設計するところからプロジェクトをスタートしました。サントゥアリオ農園では、スペシャルティコーヒーとしての「至高のコロンビア・マイルドコーヒー」を生産するために、苗木の播種からコーヒーの収穫、精選にいたるまで非常に高いクオリティを持った作業マニュアルを作り上げています。農園は標高1850~2100mの丘陵地にあり、敷地面積は260ha、このうち約188haでコーヒーが栽培されています。農園の内外には、巨木が林冠をつくる豊かな森林が広がり、鳥やその他の野生動物の住居となっています。農園では、0.25haごとのユニット(区画)に分けて整備されており、シェード、施肥、除草、収穫などの作業管理をしっかりと行っています。シェードにはマメ科のテフロシアをメインに植え土壌内で窒素固定を実施し、葉の展開とチェリー育成に必要な無機質の土壌内維持を徹底管理しています。施肥管理は有機肥料の投与のみを行い、標高が高いため害虫問題は希少なため農薬の散布は行わず、農園内にハーブを植えることで対応しています。2011年4月、SCAA(アメリカ・スペシャリティ・コーヒー協会)が開催した『COFFEE OF THE YEAR 2011』でサントゥアリオ・ブルボンが世界のTOP10に選ばれました。1999年のサントゥアリオ農園のプロジェクト開始から、わずか12年という快挙です。

テロワールと技術力が生み出した素晴らしいゲイシャ種

geisha santuario washedサントゥアリオ農園のオーナーであるカミーロ・メリサルデ氏は、プロジェクト当初から様々な品種の研究を行い、テスト的に栽培しています。その中の1つがゲイシャ種です。ゲイシャ種は、2004年以後、スペシャルティコーヒーの世界で最も注目を集めている品種です。2004年にパナマで開催されたコーヒー品評会ベスト・オブ・パナマで、ラ・スメラルダ農園が出品したゲイシャ種は、その魅惑的なフレーバーでセンセーショナルな世界デビューを果たします。エチオピア起源のゲイシャ種は、粒が大きく、細長い外観をしており、カップは非常に秀逸なフローラルなアロマと柑橘類を思わすフレーバー、驚くほどすっきりした甘味を伴った酸味が特徴的なコーヒーです。しかし、栽培が難しく、生産性があまりにも低いため、長い間まったく注目されることもなく、ほとんどが姿を消し、忘れ去られた存在となっていました。2006年、カミーロ・メリサルデ氏は、この難しいゲイシャ種の栽培をテスト的に開始しました。コーヒーは、テロワール(育てる環境の土壌・気候・地勢)の影響を受けやすい農作物の1つです。「特別の気象や地理的条件がユニークな香気を持つコーヒー豆を育てる」という言葉は、スペシャルティコーヒーの基本概念となっています。コロンビアのポパヤンにあるサントゥアリオ農園というテロワールが、ゲイシャ種にこの土地特有の性格を与えました。更に、カミーロ・メリサルデ氏は情熱を持って、農園内のマイクロクライメットに優れたゲイシャ種にあう区画を探しました。同じ農園内であっても、平地なのか斜面なのか、川の近くなのか遠くなのか、作業道の近くなのか遠くなのか、さまざまな条件が相互に作用し、風の通り道になったり、湿度や温度の微細な変化がおこります。傾斜、高度、方位、地形などの小さな変化によって生まれる微細な気候がマイクロクライメットです。そして、このマイクロクライメットに、微細な土壌の質や水質の差など様々な地理的な条件が絡みあい、最高のテロワールが生まれました。サントゥアリオ農園のテロワールと技術力が、パナマのラ・エスメラルダ農園とは少し違う、素晴らしいゲイシャ種を完成させました。

サントゥアリオ・コミュニティ・プロジェクト(地域社会への貢献)

geisha santuario washedコロンビアでは中規模、大規模のコーヒー農園でも地域社会への積極的な貢献を行っているところはほとんどありません。サントゥアリオ農園では1999年より薬草や果樹を植え、養蜂やエコツーリズムを行い、環境にやさしい持続可能な農園作りに取り組んできました。環境保全への取り組みは、直ちにコーヒーの品質につながるわけではありません。しかし、自然との調和の中で育ったコーヒーの実はゆっくりと熟し、将来にわたって最高品質のコーヒーがもたらされることでしょう。プロジェクトでは農園で成功した技術、知識、経験をまず近隣のパエズ村に提供し、プロジェクトモデルをつくりはじめています。そして、子供たちの教育にも力を入れ、村の人々が将来にわたって持続安定した生活が送れるように地域社会への貢献にも力を入れています。

テイスティング ノート

シトラスやジャスミンを思わせる華やかなフレーバーと、フルーティで丸みのある柔らかな甘味が特徴のコーヒーです。

甘味 ★★★★★★★
コク ★★★★★★★
まろやかさ ★★★★★★★★
香り ★★★★★★★★
酸味  ★★★★★★
苦味 ★★

★印8段階、オススメ焙煎での評価です。

コーヒー豆 データ

農園名 サントゥアリオ農園
農園主 カミーロ・メリサルデ
エリア ポパヤン
品種 ゲイシャ
プロセス ウォッシュド
標高 1850~2100m
オススメ焙煎 中浅煎り