ジャマイカ
ブルーマウンテンNo.1
ウォッシュド

jamaica blue mountain no1

コーヒーの王様ブルーマウンテン

jamaica blue mountain no1カリブ海に浮かぶジャマイカは、「アンティル諸島の女王」と呼ばれる美しい自然の熱帯島です。カリブ海の中で3番目に大きな島で、1494年コロンブスによって発見されました。1962年に独立したジャマイカの国名は、16世紀に絶滅した先住民アラワクの「木と水の地」という意味の「XAYMACA」に由来します。この美しい自然の豊かな国にコーヒーが初めて持ち込まれたのは1728年。当時のニコラス・ロウズ総督により、フランス領マルチニーク島からと言われています。

東西に山脈が走るこのジャマイカ島の東の最高峰が、ブルーマウンテンピークです。その標高2,256mの山並みの標高800~1,200mの地区がブルーマウンテン・エリアです。ジャマイカ政府が指定した特定エリアであるブルーマウンテン・エリアの中で収穫されたコーヒー豆のみが「ブルーマウンテン」と呼ぶことが許されます。

ブルーマウンテンの美味しさの秘密

jamaica blue mountain no1このエリアは、熱帯特有の太陽の豊かな日差しに加え、昼は30度、夜は15度ほどしかありません。コーヒーの産地と言えば、赤道直下で常に35℃以上あるような場所を想像する人も少なくないと思います。実際は、最低と最高気温が15℃から25℃の範囲内であることが最も望ましいと言われています。多少の許容範囲はありますが、長期的に日光が当たって30℃を超えると果実が不熟となり、低温すぎると霜の影響を受けて枯れる恐れがあるのです。この許容範囲の中でギリギリの温度差が望ましい訳です。このような過酷な状況で、コーヒーの樹は種子であるコーヒーの豆を守ろうと実が栄養をたくさん蓄えます。栄養をしっかり蓄えたコーヒーの実は、コーヒー豆に栄養をたくさん与えます。昼と夜の寒暖の差が最高品質のコーヒー豆を育てるという訳です。ブルーマウンテン・エリアの寒暖の差が、非常に香りが高く、やわらかな甘味と、繊細で調和の取れた味を作り上げます。そして、そのブルーマウンテンの中の品質規格で最高級ランクのものが『ブルーマウンテンNo.1』です。

品質を保つため世界で唯一樽詰で取引されているのもブルーマウンテンNo.1だけです。

テイスティング ノート

優雅で芳醇な香りと調和のとれた優しい甘味、上品な味わいは「コーヒーの王様」と称されるブルーマウンテンNo.1だからこそです。

甘味 ★★★★★★★
コク ★★★★★★
まろやかさ ★★★★★★★★
香り ★★★★★★★★
酸味  ★★★★ 
苦味 ★★

★印8段階、オススメ焙煎での評価です。

コーヒー豆 データ

エリア ジャマイカ ブルーマウンテン地区
品種 ティピカ
規格 No.1
プロセス ウォッシュド
標高 800~1200m
オススメ焙煎 中浅煎り