エクアドル
アンデスマウンテン
ウォッシュド

ecuador andes mountain

アンデス山脈の恵み

1830年にコロンビア共和国から独立したエクアドル共和国の国の名は、国を通る赤道(Ecuador terrestre)のスペイン語に由来しています。エクアドルは、中央をアンデス山脈が縦断し、西の海岸線は亜熱帯、東のアマゾン上流は熱帯雨林となっており、南米の中でも大変多様性に富んだ地理と気候を持っています。アンデスマウンテンは、エクアドルの首都キトの西部にあるマナビ県カスコル地区の2~10ヘクタール小規模農園で生産されています。

ecuador andes mountainマナビ県の北部は山岳地帯で、豊富な有機質を含んだ土壌で、非常にコーヒーの栽培に適しています。火山灰を含んだ肥沃な土壌は軽石を多く含み、年間を通して一定の湿度を維持しています。このような過酷な状況で、コーヒーの樹は種子であるコーヒーの豆を守ろうと実が栄養をたくさん蓄えます。真っ赤に完熟したコーヒーの実は精選処理され、パティオ(乾燥場)で丁寧に天日乾燥されます。さらに、栽培から水洗処理、袋詰め、輸出まで、有機JAS認証の元、徹底した管理で生産されています。

テイスティング ノート

苦味が少なく、スッキリとしたコクがあり、爽やかな甘味のあるコーヒーです。

甘味 ★★★★
コク ★★★★
まろやかさ ★★★★★★
香り ★★★★★★★
酸味 ★★★★
苦味 ★★

★印8段階、オススメ焙煎での評価です。

コーヒー豆 データ

エリア マナビ県 カスコル地区
品種 ティピカ、カトゥーラ
プロセス ウォッシュド
標高 340~750m
オススメ焙煎 中浅煎り