グァテマラ
カスカラ
100% ゲイシャ
ドライ・オーガニック・コーヒー・チェリー
セイラン農園

Cascara 100% Geisha Finca Ceylan

グァテマラの良質なコーヒー産地の1つ

Cascara 100% Geisha Finca Ceylanグァテマラは中央アメリカ北部に位置し、北にメキシコ、北東にベリーズ、東にホンジュラス、南東にエルサルバルと国境を接する国です。北東はカリブ海に、南は太平洋という2つの海に面し、国土の大部分が山地からなっています。グァテマラには、ANACAFE(アナカフェ)と呼ばれるグァテマラ国立コーヒー生産者協会(Association Nacional del Café)が定める8つの良質なコーヒーの産地があります。その8地域は、アカテナンゴ、アティトラン、アンティグア、ウエウエテナンゴ、オリエンテ、コバン、サンマルコス、フライハネスです。世界で最も美しいとも称されるアティトラン湖の周辺地域は、良質なコーヒーの産地として有名です。アティトラン湖は、8万年以上前の火山活動によって生まれた深さ約300m、面積約360平方kmの大きなクレーター湖で、標高1500mの湖は3000m級の3つの火山(アティトラン火山、トリマン火山、サンペドロ火山)に囲まれています。昼夜の寒暖の差が大きく、ショコミルと呼ばれる午後の強い風など、独特の気象がアティトラン湖周辺はあります。更に、アティトラン地域は、ANACAFEが定める火山性のコーヒー産地の中で、最も有機物に富んだ土壌を持っています。これらの環境が『芳醇で豊か、フルーツの香りがあり、キリッとした際立ったボディ』と表現されている素晴らしいコーヒーを生み出します。

完熟したコーヒー果実から生まれた稀少なお茶・カスカラティ

Cascara 100% Geisha Finca Ceylanコーヒー豆はコーヒーの果実の中にある種子を乾燥・焙煎したものですが、コーヒーの果肉と果皮を乾燥させたものをカスカラと言います。そのカスカラを使用したフルーツティが、カスカラティです。コーヒーと違いカスカラティは、コーヒーの果実を味わう飲み物です。コーヒーのように、カスカラも品種ごと産地ごとに味わい(テロワール)が異なります。コーヒーを飲んだ時に感じるフルーティな甘味や酸味と同じような風味は、カスカラティにも感じる事ができます。まだまだ産地で僅かに飲まれているて程度で、日本をはじめ消費国にはあまり紹介されていません。このカスカラは、世界的に評価の高い稀少品種であるゲイシャ種のカスカラです。ゲイシャ種は他のコーヒー品種に比べるとミューシレージ(果肉の粘液質)が甘く、カスカラティも甘く余韻が長く残る特徴があります。ポリフェノールが豊富なカスカラティは、産地ではハチミツやシナモンを加えたり、カスカラシロップを作りソーダで割ったりして飲まれています。

カスカラ10gに熱湯250ccを目安に、紅茶のように5分程度おいてから濾してお飲みください。また、冷やしてからアイス・カスカラティとして飲んでいただくと、ホットとは違った風味を楽しんでいただけると思います。

カリスマ稀少品種ゲイシャ

Cascara 100% Geisha Finca Ceylanゲイシャ種は、2004年以後、スペシャルティコーヒーの世界で最も注目を集めている品種です。2004年にパナマで開催されたコーヒー品評会ベスト・オブ・パナマで、ラ・エスメラルダ農園が出品したゲイシャ種は、その魅惑的なフレーバーでセンセーショナルな世界デビューを果たします。エチオピア起源のゲイシャ種は、粒が大きく、細長い外観をしており、カップは非常に秀逸なフローラルなアロマと柑橘類を思わすフレーバー、驚くほどすっきりした甘味を伴った酸味が特徴的なコーヒーです。しかし、栽培が難しく、生産性があまりにも低いため、長い間まったく注目されることもなく、ほとんどが姿を消し、忘れ去られた存在となっていました。アティトランを代表するセイラン農園が栽培した稀少なゲイシャ種の果肉をじっくりと天日乾燥させたものが、このカスカラです。

テイスティング ノート

ローズヒップやハイビスカスにも似た華やかな香り、ラズベリーやプラムのような爽やかでフルーティな甘さ、レーズンやプルーンなどドライフルーツのような濃厚な甘味、コーヒーチェリーの美味しさが凝縮したようなフルーツティです。

カスカラ データ

農園名 セイラン農園
農園主 ダウリシュ・エチェヴァリーア
エリア アティトラン サン・ミゲル・ポチュータ
品種 ゲイシャ
プロセス サンドライ
標高 1000~1600m
認証 有機JAS
レインフォレスト・アライアンス
バード・フレンドリー