インドネシア
コピ・ルアック
100%アラビカ
スマトラ マンデリン

Kopi Luwak 100% Arabica Sumatra Mandheling

世界一高価と言われている稀少なコーヒー

コピルアクの語源はインドネシア語でコピ=コーヒー、ルアク=ジャコウネコを意味する言葉からきています。インドネシアには真っ赤に熟したコーヒーの実が大好きなジャコウネコというジャコウネコ科の動物がいます。ジャコウネコは完熟したコーヒーの実を餌として食べるのですが、種子(コーヒー豆)は消化できずそのまま排泄します。その排泄物からコーヒー豆を拾い集め、きれいに精製したものが「コピ・ルアック」です。ジャコウネコの分泌物から採れる香料は、香水にも使われる麝香(ジャコウ)から採れる香料に似ています。ジャコウネコの腸内の消化酵素の働きや腸内細菌による発酵によって、コーヒー豆本来の味わいに複雑な味わいや香りをもたらすと言われています。

Kopi Luwak 100% Arabica Sumatra Mandhelingインドネシアがオランダの植民地だった時代、現地のコーヒー生産に従事していた農民たちは、自分たちが収穫したコーヒー豆は全てヨーロッパに運ばれるため、コーヒーを飲むことが許されず、コーヒーを飲んだことがありませんでした。どうにかしてコーヒーを飲んでみたいと考えた農民たちは、農園内に落ちていたジャコウネコの排泄物の中にコーヒー豆を見つけました。そして、その中からコーヒー豆を集め初めてコーヒーを口にしたそうです。コーヒーをどうしても飲んでみたかった農民たちは、結果的に最高級コーヒーを飲んだわけです。その後、農民たちが飲んでいたこのコーヒーをオランダ人たちが飲み、その素晴らしい香りと、まろやかな甘味を探し求めコピ・ルアックの収集と精製をしヨーロッパに紹介するようになりました。コピ・ルアックは年間採取量が少なく、独特な製法から「幻のコーヒー」として珍重されています。ヨーロッパでは、この珍品は高級コーヒーとして人気があり、たいへん高額で取引きされています。この入手が困難で希少なコピ・ルアックを今年も数量限定で入荷を予定しております。予定しておりますコピ・ルアックは、しっかりしたコクと苦味があり、豊かな香りを持つアラビカ種マンデリンで作られたコピ・ルアックです。

テイスティング ノート

口に入れた瞬間に広がる独特で豊かな香りは、いつまでも口の中に余韻を残します。しっかりしたコクと苦味に、まろやかな甘味と独特の香りでインパクトがあり、ベースであるマンデリンを更に奥深い味に変化させています。

甘味 ★★★★★★★
コク ★★★★★★★★
まろやかさ ★★★★★★★
香り ★★★★★★★
酸味
苦味 ★★★★★★

★印8段階、オススメ焙煎での評価です。

コーヒー豆 データ

農園名 ワハナ・グラハ・マクムール農園
責任者 マリア・ゴレティ
エリア スマトラ島 シディカラン
品種 ラスーナ
プロセス ルアック・ウォッシュド
標高 1200~1300m
オススメ焙煎 中煎り